能登國二ノ宮 天日陰比咩神社 (二宮神社)

天日陰比咩神社あめひかげひめじんじゃ(二宮神社)は第十代崇神天皇の御代に御鎮座の官幣社で二千有余年の歴史をもつ延喜式内社で能登國二ノ宮であります。

小竹神社おだけじんじゃ

鎮座地
鹿島郡中能登町小竹テ140
氏子区域
小竹
主祭神
加具土命 底筒男命 中筒男命 表筒男命 護国の英霊
社格
旧村社
由緒

小竹区には、産土社と仰がれてきた同地の加具土命を祀る火宮神社と住吉神社(三筒男命を祀る)があったが、明治40年に両社を現地に移転合祀して現社名に改称し、明治41年に神饌幣帛供進神社指定された。小竹神社となる。