能登國二ノ宮 天日陰比咩神社 (二宮神社)

天日陰比咩神社あめひかげひめじんじゃ(二宮神社)は第十代崇神天皇の御代に御鎮座の官幣社で二千有余年の歴史をもつ延喜式内社で能登國二ノ宮であります。

八幡社はちまんしゃ

鎮座地
鹿島郡中能登町尾崎リ32
氏子区域
尾崎
主祭神
応神天皇 神功皇后 比咩大神
由緒

尾崎は水白の出村だった関係で、祭礼は水白の八幡神社を招請して神事を行ってきた。明治以降は、神社の創立が許されなかったので、明治34年に、石川県能美郡久常村字徳久の神社の移転の形式をもって本社を創立したものである。