能登國二ノ宮 天日陰比咩神社 (二宮神社)

天日陰比咩神社あめひかげひめじんじゃ(二宮神社)は人皇十代崇神天皇の御字御鎮座の官幣社で二千有余年の歴史をもつ延喜式内社で能登國二ノ宮であります。

二十日題目

image1_5.JPG

20日(土)当職が兼務しております羽咋市太田町の日吉神社で、妙法寺副住職が神前で「南無妙法蓮華経」と題目を唱える珍しい神事「二十日題目」が執り行われました。
二十日題目は、約300年前の享保年間2月20日に、大火が起き住民が夜を徹して鎮火を祈ったのが始まりとされています。
神仏習合の形を今に残す珍しい、また貴重な祭事です。