能登國二ノ宮 天日陰比咩神社 (二宮神社)

天日陰比咩神社あめひかげひめじんじゃ(二宮神社)は人皇十代崇神天皇の御字御鎮座の官幣社で二千有余年の歴史をもつ延喜式内社で能登國二ノ宮であります。

往古より菊の御紋を装飾した上日庄あさひのしょう、郷十八ケ村の総社氏神でありました。
建長四年四月(鎌倉時代)能登國一ノ宮気多大社につぐ名社として能登國二ノ宮に指定され、広く各地より崇敬された御社であり、文徳天皇より後円融天皇まで九度にわたって神位を受けています。

お知らせ

主な恒例祭

新年祭
一月一日・二日・三日
祈年祭
三月二十日
春季祭
四月十八日
例大祭・麦祭
六月十五日
夏越大祓
六月 三十日
夏祭
七月 十五日
秋季祭
九月 第二土曜日
新嘗祭
(どぶろく祭り)
十二月五日